大人カスタマイズ

思いつくのは?

例えば車高を低くしたり、マフラーを改造したりと、「外から見てわかる」カスタマイズではないでしょうか。
こうしたカスタムは一般的に「ドレスアップ」と言われるようです。
一番簡単で、初心者でも出来そうなのが、タイヤのホイールを変えるカスタムです。
ホイールメーカーが出している中からお気に入りを見つけたり、車と同じメーカーが出しているオプション品を純正パーツと言いますが、違う種類のものに変えたりと、ホイールだけでもいくつもあります。
また、車の色をメーカーでは出していない色に塗り替えたり、好きなキャラクターなどを描くのも、カスタマイズに入ります。
最近ではアニメのキャラクターを大きくデザインしてある痛い車、「痛車」もたまに見かけますね。

注意したいのは

車は法律で決められている「車両」です。
公道を走るためには、車検をパスしなければいけません。
どんなにかっこよいカスタムができたとしても、走ることができなければ意味がないですよね。
観賞用に購入する人はまれだと思いますし、レッカーなどを使わずに移動すること自体、車検が必要になりますから、「車検が通るカスタマイズ」は大切なポイントです。
また、前述の「痛車」ですが、キャラクターにも著作権が適用されますから、許可を得ておく必要があります。
実際はあまりないようですが、無許可の場合、著作権侵害になる可能性があります。
いずれにしても、公道を走るという事は、法令を守って当たり前ですから、自分がしたいカスタマイズが各法律に触れていないかを考える必要があります。