うらやましい?

真似したくなる内装

車検に引っかかってしまうようなカスタマイズは論外ですが、大人なカスタマイズとはどんなものでしょうか。
例えば、誰もが振り返るほどの目立つカスタムは、ちょっと違うようですし、エンジン音や照明などで、周囲に迷惑がかかるようなものも控えるべきです。
大人の余裕が見えるカスタマイズ、ちょっとしたところにこだわりが見えるといった、見た人が真似したくなるようなことをしていきたいですね。
例えば、内装にこだわるのはどうでしょうか。
ハンドルやシフトレバーを変えることで、運転に快適な環境にすることができます。
また、シートは付け替えたり、張り替えたりすることで、運転中の疲労を軽減したりする効果もあります。
ドアを開けてまず目に入るのが内装です。

機能を重視したカスタムを

自分が好きなものやこだわりを形にして、人に見てもらう事もカスタマイズの目的の一つですが、大人としては、機能が伴わないカスタマイズは程々が良いかもしれません。
運転が楽になる、居心地が良くなる、性能が上がるといった、目に見えたり体で感じることができるカスタマイズはする意味がありますし、見た目だけこだわるより大人な印象を受けます。
車にカッコよさを求めるのは一般的な事ですが、もう一段上のものを見つめてみましょう。
一番大人と言えないカスタマイズは、人の目を気にして自分の好みではない形になることです。
情報を集めたり、カスタマイズされている中古車などを参考にしながら、自分なりの大人カスタマイズを見つけていきましょう。